« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

5月のお休み

  5月のお休みは下記のとおりです。

・定休日

  毎週火曜日

    ※5月4日はGWですが火曜日なのでお休みです

・臨時休業

  29日(土)

よろしくお願いします。

053_2                              


←鹿だらけ

|

2010年4月27日 (火)

明日の開店時間が変更になります

明日4月28日(水)、都合により開店時間が9時半~になります。
急ですみません。

 4月28日(水)の営業時間 9:30~18:00

よろしくお願いします。


|

2010年4月23日 (金)

ブックパッカー再び

昨年9月に開催したブックパッカー。
再びマトカに来ます!

--------------

 ・・・ 本とホントになかよくなるほんのきっかけ ・・・
   
       ブックパッカー

 *ブックパッカーとは?(ブックパッカーのHPより)*

  みんなで本を持ち歩き、集まって、本の話をします。
  本の中身を話しはじめるひともいれば、
  本とのエピソードを語りはじめるひともいます。
  まだ読んでないのに、装丁や紙の匂いにうっとりして
  やたらと自慢してくるひともいるかもしれません。
  でもそれでいいのです。
  本を読むことよりも、まず、本と出会うことを楽しみたい。
  そこでわいてくるよろこびやきもちのよさを味わう、
  ブックパッカーはそういう集まりです



日時:2010年5月22日(土)  19:00~21:00
   ※cafe matkaの通常営業は18時まで。
    参加される方は18時45分ごろからお店に入れます。

場所:cafe matka(松本市大手2-5-19) 地図

参加費:1500円(1ドリンク付)
     
定員:7名(先着順) 
    ※初めて参加される方に、ブックパッカーの特製ステッカーを差し上げます

持ちもの:話のお供にしたい本1冊、メモ用のノート

申込方法:以下の事項をメールにてお送りください。
      お名前/連絡用メールアドレス(PC)/連絡用電話番号
      ご住所/ご年齢/性別/お仕事(差し支えのない範囲で)
      送付先 → info@bookpacker.org

昨年9月にマトカで行われたブックパッカーの様子はこちら
そのほか、過去のブックパッカーの様子や参加された方の声など、
詳しいことはhttp://www.bookpacker.org/をご覧ください。

--------------

ブックパッカーを主宰するゴーサン(その多才な活動についてはこちら)は、
この3月末、ついに松本に移住。
現在は5月17日からオープンするアンテナサイトの準備中です。
このアンテナサイトから、これから楽しいことがたくさん発信されるはず。
とても楽しみ。

そして今回のブックパッカーはゴーサンが松本に移り住み、
初めて開催するブックパッカー。
これから松本を拠点に活動していく、その新しい「旅」の出発点に
マトカを選んでくださったこと、とてもうれしいです!

本を読むことってわりと個人的な営みで、
本について見知らぬ誰かと話すということに抵抗のある人も結構いると思いますが
(わたしもブックパッカーを実際に見るまでは少なからずそう思っていました)、
でもブックパッカーはほんとうに気楽な雰囲気。
前回マトカで開催したときも、仕込みをしながらその盛り上がりを見て、
なんだかうらやましくなったものです。
たまには自分の読んでいる本について誰かと話してみるのも
新鮮で楽しい体験になるのでは?
持ち寄る本はどんなものでもOKです。マンガでも絵本でも、参考書でも。

お気に入りの本を持って、マトカにおいでください。
参加、お待ちしています!

|

2010年4月19日 (月)

社員研修旅行 ~奈良~ その4

「くるみの木」という大きな目的を果たしても意外に時間は結構あって、
せっかくだからと平城宮跡へ。

123

←桜が満開です!










思っていたよりも広くてびっくり。全体的に広い原っぱというか。
宮跡で子供が遊んでいたり、バドミントンをしていたり、
犬の散歩をしていたり、ここは地元の人の憩いの場なのですね。
なんて贅沢なことよ!

128



←古代に思いをはせる相方
 (寝不足でクタクタ)








130



←大地から古代の息吹を感じる
  相方 (もう限界。寝る)










134


←復元された朱雀門
  デカイ!









今年は平城京遷都1300年だそうで、平城宮跡もGWに開かれる
1300年祭に向けて急ピッチで復元整備していました。

147



←復元工事中の第一次大極殿







そういえば、至るところでこの方の写真が。

060_4




いろいろあったけど、今年は大活躍みたいです











奈良はほんとにすてきな町でした。
国宝とか、世界遺産とか、そういったものが、ごく自然に町の中にあり、
しかも暮らしている人の生活にしっかり入り込んでいる感じがして、
ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

それにしても奈良日帰りはやっぱりキツい。
次に行くときは何日か滞在してゆっくり見て回りたいものです。

|

2010年4月12日 (月)

社員研修旅行 ~奈良~ その3

興福寺を見終わった時点で午前10時。
なぜにこんな駆け足で朝から観光していたのかというと、
今回の研修旅行には大きな目的地があったのです。

ついに来ました。「くるみの木」というカフェ。

095

←すてきな看板。
  25年の重みが感じられます










ずっと行きたかったカフェ。
もう25年も続いているのです。
25年・・・、今の私たちには途方もない年月に思えます。

ランチは事前に予約しないと食べられないかも、
という情報を得て2日前に電話したら、すでに予約分は
埋まってしまったとのこと。
その日の朝10時半に名前を書く紙が出るということなので、
10時半に間に合うようなスケジュールで動いていたわけです。

096


←かわいい建物です

093



←併設されている雑貨屋さん








写真だけ見ると森の中にありそうな感じだけれど、
実は結構車の往来がある道路に面していて、
居酒屋さんとかそういうお店もすぐそばにあって、
ちょっと入ると住宅街で、という、とにかくこんな場所で?!
というところにある。
でも、一歩敷地に足を踏み入れると、もう別世界の空気が流れている。
不思議です。

ランチで頂いた料理はどれもおいしくて、丁寧に作られているのが
じんわり伝わってくる感じ。
お客さんでいっぱいの店内なのに、ゆったりくつろげる空間。
敷地にある植物たちもきちんと手入れされていて、
それでいて自然にすくすく育っている。
きっとスタッフの方たちみんながこのお店をすごく好きなんだろうな。
いたるところでそんな風に思いました。

どれをとっても勉強になることばかり。
ヒントをたくさん頂いたので、少しでもこれから活かしていきたいです。


とまあ、だらだらと奈良旅行について書いていますが、
もう少し続きます。

|

2010年4月 9日 (金)

社員研修旅行 ~奈良~ その2

東大寺は大仏殿のみ拝観。
二月堂も戒壇堂も法華堂も行きたかったけど、
時間の関係で見られませんでした。残念。

鹿さんののどかな後姿を横目に見つつ、
足早に興福寺へ。

062_2






←背中のカーブがたまりません





興福寺では阿修羅像をはじめとする仏像を堪能。
実は出発前にみうらじゅん・いとうせいこうの「見仏記」を熟読してきたワタシ。
仏像を見る楽しみがちょっとわかったような。

興福寺の国宝館に併設されているショップでは阿修羅像がかなり
フィーチャーされていて、様々な阿修羅キャラクターグッズがあった。
阿修羅さんはものすごい人気者なんですね。

077

←猿沢池から見る興福寺の五重塔












074



←猿沢池に集う地元のおっちゃんたち。
こういう風景って、こっちではあんまり見ないなぁ。
なんとなく東南アジアや中国の街角のような雰囲気です。




083


←奈良のスリーアミーゴスと名づけました。
 タクシーの運転手さんだろうか?

|

2010年4月 7日 (水)

社員研修旅行~奈良~ その1

先日の月曜日にお休みをいただき、マトカ社員研修旅行へ。
行き先は奈良。
日曜日の夜に出発し、火曜日の朝に松本に帰ってくるという、
0泊の強行スケジュール。

ワタシは初奈良、もっといえば初関西。
相方は中学の修学旅行以来だそう。曰く「ぜんぜん覚えてない」とのこと。

月曜日の早朝に奈良に到着。
金剛力士像が我々をお出迎え。迫力あるお姿。

011_4   010_3 

続いて、あのお方に会いに。

028_3



折りしも桜が満開だったのでした!040

←奈良の大仏さん










想像以上に大きくて、いいお顔をしていました。
ちょうど出発前の土曜日、NHKの「大仏開眼」というドラマを
見たばかり。なんてタイムリー。感動もひとしおです。

050_2

←こちらは大仏さんの鼻の穴と同じ大きさの
穴に入ろうとする相方。
抜けなくなるのが怖くなって途中で断念。



055_2

←奈良といえば鹿さん。
 鹿さんと交流しようと試みるワタシ

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »