« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

感謝とおわびと反省

この土日、クラフトフェアでにぎわっていた松本。
マトカにも我々の予想を超えるたくさんのお客様が来てくださいました。
ありがとうございました。

このブログを読んでくださっているかはわかりませんが・・・。
昨日、満席でお断りせざるをえなかったお客様、
せっかく足を運んでくださったのに、本当にすみませんでした。

また、なにぶん夫婦二人でやっていることもあり、
オーダーされたものを提供するまでにかなりお待たせすることもありました。
本当にすみません・・・。

その他にも、とにかく一日あたふたとしていて、
多々至らなかったことがあったように思います。
我々、まだまだ精進が足りないです。
がんばります。

|

2010年5月26日 (水)

ブックパッカーの拠点がオープン!

5月17日、わくわくするお店が松本市里山辺にオープンしました。
翌日の火曜日、早速おじゃましてきました。

017




















そう、ついこの間、マトカで行われた「ブックパッカー」の
アンテナサイトがついに松本にオープンしたのです。

012





土間のすてきな空間です。
居心地がいいのです。
なんというか、自由な雰囲気。












このアンテナサイトでできることの一つとして、
本を貸してくれるということがあります。
というわけで、早速本を借ります。

なんだー図書館と同じじゃない、と思うなかれ。
本を借りたいと思っても、この場所に本棚はなく、
借りる本はブックパッカーの主宰者でもあり、
アンテナサイトの店主でもある、ゴーサンがセレクトして
バックヤードから持ってきてくれるのです。

011

←我々の要望をもとに
 本をセレクトするゴーサン








「こんな本が読んでみたい」から始まり、他愛のない話をしながら
ゴーサンは本をセレクトする。
本から始まる話は、あちこち寄り道しながら、なんだかんだ楽しいのです。

そして実際にセレクトしてもらった本は、
自分じゃたぶん手に取らないであろう本。
でもゴーサンの話を聞いて面白そうだと思って借りたのでありました。
ちなみにその本はなぎら健壱氏の「酒にまじわれば」。
もう読了したけど、おもしろかった!

その他にも楽しいことがたくさんありそうなこのアンテナサイト。
詳しくはゴーサンのHPで。

|

2010年5月24日 (月)

虫へんの漢字って難しい字が多い

今、穂高にあるギャラリー・シュタイネさんでやっている、
「中山昌果 作陶展  虫偏のいきものたち」、
すごくおもしろかったです。

008








←こちらがそのフライヤー
 ちょっとドキッとしますね










ほんとうは、その前にやっていた「語らいの器 カップとコップ展」を
見ようと思って行ったのだけれど、それはもうすでに終わっていて、
でもせっかく来たからということで、とりあえず、という感じで見たのですが。

すごーくおもしろかった。こんなの今まで見たことなかったです。
展示されているのはカエルやクモ、イカ、亀、カタツムリ、ワニなどなど、
ちょっと形状がグロテスクな生き物たち。
その生のグロテスクな感じも残しつつ、ユーモアがあって、
ところどころに使われている九谷焼の色彩がキレイで。
一つ一つ、じっくり見るといろんな仕掛けがあって、おもしろかった。

聞けば、作家の方はお若い女性なんだとか!

虫が苦手なワタシはフライヤーを先に見ていたら、
もしかしたら見に行かなかったかもしれない。
偶然見られてよかったー。

この展示、5月31日(月)までです(木曜日はお休み)。
虫が苦手な人も大丈夫。ほんと、おすすめです。

|

2010年5月23日 (日)

臨時休業

5月29日(土)は臨時休業いたします。
お間違えのないようによろしくお願いします。


035_4

ちょっとツーリングにいってきまーす、
なんて調子に乗るワタシ。
それを不安そうに見守るYさん。




   

|

2010年5月21日 (金)

生活の中の美

松本民芸館に初めて行って来ました。
「生活を着る 刺子展」を見に。

004





←民芸館の敷地内の林
 きっとマイナスイオン出まくり。
 いいところです。








003












「そうだ、信州に行こう」





010



←たぶんツギを当てているんだと思うけど、なんてすてきなんだろう















「刺し子」には昔から興味がありました。
一針一針縫うという地味な作業から、きれいな模様が生まれることもさることながら、
本来の目的が、着物などを補強するという実用的なものであったことに
魅力を感じるのです。
ただ単に補強するのなら、こんなに根気強くきれいな模様にすることも
ないわけで。
そこに、昔の人の、ともすると味気ない作業になってしまうものを
自分の楽しみにする知恵や、着る人に対する祈りに似た思いを感じるのです。
展示しているものはもちろんすべて生活の中で使い込まれたもの。
火消しの人が着るものや、猟師さんが着る上着、農作業用の手袋など。
きっと奥さんやお母さんが一針一針、思いをこめて縫ったんだろうなぁ。
タフな仕事着に刺し子が使われていたことを考えると、
やっぱり刺し子は実用性にすぐれたものだったんだなと改めて思う。

自分でも、気まぐれに刺し子のふきんとか作ったりするけれど、
せっかく作るともったいなくてなかなか生活の中で使えない。
これではせっかくの刺し子も台無しなのかも。
生活の中でガシガシ使ってこそ、刺し子も生きるってものかもしれないな。

|

2010年5月11日 (火)

おいしいものにおいしいものをつけて食べる

先日(といってもかなり前になってしまったけど)、
Momo Cafeさんに行ってきました。

Ts3k0047_2 


コンフィチュール屋さんであり、
カフェでもある。
小さくてラブリーなお店!
細かいところまで気が配られている
すてきな店内でした。







スコーンを頂きました。
キウイとしょうがのコンフィチュールで。
おいしかった。

他のも食べてみたい!と日向夏としょうがのコンフィチュールを購入。

029



←お休みの朝、
 ナチュラルベーグル歌さんで
 買った全粒粉のベーグルと
 ともに頂きました。




ああ、幸せ。コンフィチュールもベーグルも、そしてコーヒーも(手前味噌ですが)
おいしい。
なんてすてきな朝ごはん。

|

2010年5月 7日 (金)

ブックパッカー締め切りました

先日、お伝えしたブックパッカーですが、
おかげさまで定員に達したため締め切りました。
参加を検討されていた方、すみません!

今後もブックパッカーはいろいろなところで開かれると思いますので、
またの機会を楽しみにお待ちください。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »