« 9月のお休み | トップページ | 仙台帰省旅行 その3(盛岡ぶらり編) »

2010年9月 2日 (木)

仙台帰省旅行 その2(仙台ぶらり編)

私の実家は私が高校を卒業するのと同時に、
岩手県盛岡市から宮城県仙台市へ引っ越しました。
というわけで、自称岩手出身なのですが(小学校~高校まで盛岡だったので、
体のほとんどは盛岡で出来ている気がするからです)、
帰省するのは仙台です。

仙台にも小さいころに数年、大人になってからも数年住んだことがあるので、
第二の故郷という感じで、もちろん愛着があります。

さて、仙台といえば牛タン。
仙台で食べる牛タンは、やっぱり他の地域で食べるそれよりもおいしいのです。
なんといってもタンの厚さが違う。
相方T氏も仙台に行く度に楽しみにするのがこの牛タン。
今回行ったお店は「利久」。仙台でもわりに有名な牛タン店です。

010


目の前に料理が運ばれてくると、
ついつい写真を撮るのも忘れ、
食べてしまうわたしたち。
もうほとんど食べ終わりそうな頃に
ようやく写真のことを思い出す。





牛タン定食の定番は、麦ご飯に牛のテールスープ、白菜漬け、南蛮味噌。
肉はもちろん分厚くて、でもあっさり塩味。
ああ、思い出すだけでよだれが・・・。おいしかったなー。

帰るたびに新しいお店が次々出来ている仙台。
うちの親が「なんだかすごいホテルが出来たってよ」(なんて漠然としたコメント)
と言うので偵察に。

009_2


ウエスティンホテル。
仙台で一番高い建物になったんだとか。
泊まってみたいものですなー。








中に少しだけ専門店街みたいなのもあってウロウロ。
せっかくだからホテルのトイレでも借りようと思ったけれど、
なぜかロビーにたどり着けなかった田舎者の私たち。
あとから調べたら、このビルの上層部がホテルになっているらしい。
どうりでたどり着けなかったわけです。

そして歩いていたら発見。「はらドーナッツ」。
東京にあるのは知っていて、ドーナツ好きとしてはいつか行ってみたいと
思っていたお店。
知らぬ間に仙台に出来ていた。

016

 









店構えもかわいいし、豆乳やおからを使って作られたドーナツは、
素朴でやさしい味。おいしかったです。

いや、それにしても仙台は人が多かった。
それでもそんなに圧迫感を感じないのは、
やっぱり街中に緑がたくさんあるせいかしらん。
あちこちから聞こえる仙台弁にもなんだか心がなごみました。

|

« 9月のお休み | トップページ | 仙台帰省旅行 その3(盛岡ぶらり編) »

」カテゴリの記事