2010年10月21日 (木)

北信カミダノミツアー その2

戸隠神社にお参りしたあとは、西洋の神様のところへ。

058




















飯綱町のサンクゼールワイナリーにある教会。
結婚記念日が近かったので、結婚式を挙げたところへ来たというわけです。
我々、節操ないですね、ハイ。典型的な日本人です。
中に入ろうと思ったら、誰かと誰かの対談をやっていて入れませんでした。
残念。

カフェの物件を探していたのがちょうど結婚式をあげる頃で、
それを知った神父さまが式の中で「いい物件が見つかりますように」と
お祈りしてくれたのを思い出します。
そのおかげなのか、結婚式から一ヶ月後に今の物件に巡り合ったわけで。
なので、まあ、ここに来ると初心を思い出すという感じ。

サンクゼールをふらふら歩いていると、
「しぜんこうぼのパン きなり」の看板を発見!
前から気になっていたパン屋さんが、
この近くにあったとは!
というわけで急遽立ち寄ることに。

途中田んぼや畑だけが続き、不安になったころ、
小さな集落に到着。
古い民家の一部を改装して開いたパン屋さん。
畳の小さなお部屋がお店です。
どのパンもおいしそうで、しかも次々に焼きたてのパンが出てきて、
なんとも幸せな気持ちになりました。
松本に帰る道のり、我慢できずに何個か食べてみたら、
これがまたすごーくおいしかった。
あんな場所で?!ってところでやっているけれど、
あんなにおいしいパンだったら、わざわざ買いに来るなぁ、きっと。

072

のれんがかかっているところが
 お店












最後の締めはやはり温泉。
豊野温泉「りんごの湯」。
去年もこちらに来たときに立ち寄った、我々のお気に入りの場所。
T氏はいつも私よりお風呂から出てくるのが早いのに、
この日は「サウナに入った」と言ってご満悦で私より遅く出てきた。
これはかなり珍しいこと。

というわけで、久々の遠出で休日を満喫!
あとは神頼みの効果を待つのみ。

|

2010年10月20日 (水)

北信カミダノミツアー その1

近頃、なにかとトホホな出来事が続いていたので、
ここはひとつ流れを変えようとカミダノミツアーに出発。
行き先は北信方面。

まずは今やパワースポットでおなじみの戸隠神社へ。
最近戸隠神社へ行ったものの、土日で人の多さに辟易して、
お参りを断念したというO夫妻から、
「戸隠神社は平日の午前中に行くべし」という貴重なアドバイスを
頂いていたので、営業日並みに早起きして出発。
10時前に戸隠へ到着。

024




まだ観光客もまばら。
紅葉も始まってとってもきれい。














奥社まで駐車場から徒歩約40分。
木々に囲まれた参道を歩いていると、
なんとなく神妙な気持ちになるものですね。
空気がキリッと冷たくて、それがまた気持ちいいです。


026



途中から大きな杉並木に。
圧倒されます。

















最後のほうは階段が続き、ちょっとした山登り気分。
日頃の運動不足を実感しながら、奥社に到着。
たどり着いた奥社は思っていたのよりずいぶんと小さく、
なんとなく山小屋みたいな感じだったけれど、
ここまでの参道そのものがもう奥社なのだなと思いました。

あれやこれや神様にお願いして、その帰り道。
053_2




ん?




















054


んん?




















055_4



どーん!
















11時を回った頃でした。
道の向こう側から人波が!!
一気に観光客が押し寄せてきました。
O夫妻が言っていたのはこれかぁ・・・。
平日でこれだもの、土日はいかばかりか。
パワースポット人気でしょうか。すごいです。
これから行こうと思っている方は
やっぱり平日の午前中、早めに行くのがよろしいかと。

|

2010年9月10日 (金)

仙台帰省旅行 その3(盛岡ぶらり編)

母方のお墓が岩手の奥州市にあるので、お墓参りに行きがてら、
ちょっと足をのばして盛岡まで。
といっても滞在時間はわずか4時間くらい、
しかも急に思い立ってのことだったので、
会いたい友達もたくさんいるけれど、今回は断念。
食べたかったものを食べて、行きたかったお店に行って。
駆け足で巡ってきました。

食べたかったものはこちら。
Ts3k0051





デジカメを車に忘れ、
ケータイで撮ったため、微妙にぼんやり。













盛岡冷麵。
いつものように食べ始めてから写真を撮ることを思い出し、
あわてて撮ったため、なんだかあまりおいしそうに見えませんが、
実際はとてもおいしいのです!
T氏もおおむね満足でしたが、一点、スイカが入っていることに
抵抗を覚えたらしい。
それも含めておいしいんだけどな。辛さを中和してくれて。
たぶん、あと1回か2回食べたら、きっとスイカにも慣れるはず。
ちなみにスイカのシーズンが終わったら、梨になるんじゃなかったかな。

盛岡冷麵を出すお店はいろいろあるのですが、
今回は昔からよく行っていた、最近では銀座にまで店を出したらしい、
盛岡では超有名店のぴょんぴょん舎。
昔より店がとても大きくなっていてびっくりしましたよ。
平日なのに行列が出来てるし、繁盛してるなー。

続いて光原社へ。
032











工芸品などを扱ってて、店自体がいい感じ。
盛岡で暮らしていた頃ももちろんこのお店はあったのだけれど、
10代の頃は工芸品に全然興味がなかったし、
たぶん母親に連れられて来たことがあるはずなんだけど、
ちゃんとした記憶がないんだよなぁ。

027











光原社については、うちの店に置いてある盛岡の雑誌「てくり」の
最新号に詳しく載っているので、興味がある方はぜひ、
そちらを見てみてください。いいところです。

光原社があるところは材木町という通りなのだけれど、
その通りを歩いていると、ある岩手の有名人に遭遇。
せっかくなので一緒に記念写真を撮りました。

038



←宮沢賢治氏と語り合うT氏
 2人ともシャイなので後姿をパチリ





文学について語り合った後は、Holzさんという雑貨・家具のお店へ。
ちょうど鹿児島にまつわる展示をやっていて、こちらを購入。
001







←台所の神様だそう。
 丸い感じがたまりません。


岩手でなぜか鹿児島の神様を手に入れた後は、
行きたかったカフェ「carta」さんへ。
と思ったら、その日は残念ながら定休日・・・。
我々はcartaさんの店の感じがすごく好きで、
うちの店を改装する際にもいろいろ参考にさせていただいたカフェなのです。
参考にしたけど、やっぱり同じようにはならないもので、
cartaさんにはどう逆立ちしても及ばないのですが。
また次回来られる日を楽しみにしよう。

そうはいっても、心はコーヒーという気分になっていたので、
「クラムボン」というコーヒー屋さんへ。
043



こじんまりした味のある、
かわいいお店です



マスターがまたいい感じの方で。
頂いたコーヒーもおいしかった。
やっぱりお店は人ありき、ですね。

最後におまけ。盛岡駅の駅ビル。
049











「フェザン」と読みます。
昔からあるんだけど、改めて見ると「S」に「゛」か・・・

 

|

2010年9月 2日 (木)

仙台帰省旅行 その2(仙台ぶらり編)

私の実家は私が高校を卒業するのと同時に、
岩手県盛岡市から宮城県仙台市へ引っ越しました。
というわけで、自称岩手出身なのですが(小学校~高校まで盛岡だったので、
体のほとんどは盛岡で出来ている気がするからです)、
帰省するのは仙台です。

仙台にも小さいころに数年、大人になってからも数年住んだことがあるので、
第二の故郷という感じで、もちろん愛着があります。

さて、仙台といえば牛タン。
仙台で食べる牛タンは、やっぱり他の地域で食べるそれよりもおいしいのです。
なんといってもタンの厚さが違う。
相方T氏も仙台に行く度に楽しみにするのがこの牛タン。
今回行ったお店は「利久」。仙台でもわりに有名な牛タン店です。

010


目の前に料理が運ばれてくると、
ついつい写真を撮るのも忘れ、
食べてしまうわたしたち。
もうほとんど食べ終わりそうな頃に
ようやく写真のことを思い出す。





牛タン定食の定番は、麦ご飯に牛のテールスープ、白菜漬け、南蛮味噌。
肉はもちろん分厚くて、でもあっさり塩味。
ああ、思い出すだけでよだれが・・・。おいしかったなー。

帰るたびに新しいお店が次々出来ている仙台。
うちの親が「なんだかすごいホテルが出来たってよ」(なんて漠然としたコメント)
と言うので偵察に。

009_2


ウエスティンホテル。
仙台で一番高い建物になったんだとか。
泊まってみたいものですなー。








中に少しだけ専門店街みたいなのもあってウロウロ。
せっかくだからホテルのトイレでも借りようと思ったけれど、
なぜかロビーにたどり着けなかった田舎者の私たち。
あとから調べたら、このビルの上層部がホテルになっているらしい。
どうりでたどり着けなかったわけです。

そして歩いていたら発見。「はらドーナッツ」。
東京にあるのは知っていて、ドーナツ好きとしてはいつか行ってみたいと
思っていたお店。
知らぬ間に仙台に出来ていた。

016

 









店構えもかわいいし、豆乳やおからを使って作られたドーナツは、
素朴でやさしい味。おいしかったです。

いや、それにしても仙台は人が多かった。
それでもそんなに圧迫感を感じないのは、
やっぱり街中に緑がたくさんあるせいかしらん。
あちこちから聞こえる仙台弁にもなんだか心がなごみました。

|

2010年8月15日 (日)

行ってきます

明日16日(月)から21日(土)までマトカは夏休みを頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

004_2






これから仙台へ向けて出発。
みなさま、行ってきます!

|

2010年4月19日 (月)

社員研修旅行 ~奈良~ その4

「くるみの木」という大きな目的を果たしても意外に時間は結構あって、
せっかくだからと平城宮跡へ。

123

←桜が満開です!










思っていたよりも広くてびっくり。全体的に広い原っぱというか。
宮跡で子供が遊んでいたり、バドミントンをしていたり、
犬の散歩をしていたり、ここは地元の人の憩いの場なのですね。
なんて贅沢なことよ!

128



←古代に思いをはせる相方
 (寝不足でクタクタ)








130



←大地から古代の息吹を感じる
  相方 (もう限界。寝る)










134


←復元された朱雀門
  デカイ!









今年は平城京遷都1300年だそうで、平城宮跡もGWに開かれる
1300年祭に向けて急ピッチで復元整備していました。

147



←復元工事中の第一次大極殿







そういえば、至るところでこの方の写真が。

060_4




いろいろあったけど、今年は大活躍みたいです











奈良はほんとにすてきな町でした。
国宝とか、世界遺産とか、そういったものが、ごく自然に町の中にあり、
しかも暮らしている人の生活にしっかり入り込んでいる感じがして、
ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

それにしても奈良日帰りはやっぱりキツい。
次に行くときは何日か滞在してゆっくり見て回りたいものです。

|

2010年4月12日 (月)

社員研修旅行 ~奈良~ その3

興福寺を見終わった時点で午前10時。
なぜにこんな駆け足で朝から観光していたのかというと、
今回の研修旅行には大きな目的地があったのです。

ついに来ました。「くるみの木」というカフェ。

095

←すてきな看板。
  25年の重みが感じられます










ずっと行きたかったカフェ。
もう25年も続いているのです。
25年・・・、今の私たちには途方もない年月に思えます。

ランチは事前に予約しないと食べられないかも、
という情報を得て2日前に電話したら、すでに予約分は
埋まってしまったとのこと。
その日の朝10時半に名前を書く紙が出るということなので、
10時半に間に合うようなスケジュールで動いていたわけです。

096


←かわいい建物です

093



←併設されている雑貨屋さん








写真だけ見ると森の中にありそうな感じだけれど、
実は結構車の往来がある道路に面していて、
居酒屋さんとかそういうお店もすぐそばにあって、
ちょっと入ると住宅街で、という、とにかくこんな場所で?!
というところにある。
でも、一歩敷地に足を踏み入れると、もう別世界の空気が流れている。
不思議です。

ランチで頂いた料理はどれもおいしくて、丁寧に作られているのが
じんわり伝わってくる感じ。
お客さんでいっぱいの店内なのに、ゆったりくつろげる空間。
敷地にある植物たちもきちんと手入れされていて、
それでいて自然にすくすく育っている。
きっとスタッフの方たちみんながこのお店をすごく好きなんだろうな。
いたるところでそんな風に思いました。

どれをとっても勉強になることばかり。
ヒントをたくさん頂いたので、少しでもこれから活かしていきたいです。


とまあ、だらだらと奈良旅行について書いていますが、
もう少し続きます。

|

2010年4月 9日 (金)

社員研修旅行 ~奈良~ その2

東大寺は大仏殿のみ拝観。
二月堂も戒壇堂も法華堂も行きたかったけど、
時間の関係で見られませんでした。残念。

鹿さんののどかな後姿を横目に見つつ、
足早に興福寺へ。

062_2






←背中のカーブがたまりません





興福寺では阿修羅像をはじめとする仏像を堪能。
実は出発前にみうらじゅん・いとうせいこうの「見仏記」を熟読してきたワタシ。
仏像を見る楽しみがちょっとわかったような。

興福寺の国宝館に併設されているショップでは阿修羅像がかなり
フィーチャーされていて、様々な阿修羅キャラクターグッズがあった。
阿修羅さんはものすごい人気者なんですね。

077

←猿沢池から見る興福寺の五重塔












074



←猿沢池に集う地元のおっちゃんたち。
こういう風景って、こっちではあんまり見ないなぁ。
なんとなく東南アジアや中国の街角のような雰囲気です。




083


←奈良のスリーアミーゴスと名づけました。
 タクシーの運転手さんだろうか?

|

2010年4月 7日 (水)

社員研修旅行~奈良~ その1

先日の月曜日にお休みをいただき、マトカ社員研修旅行へ。
行き先は奈良。
日曜日の夜に出発し、火曜日の朝に松本に帰ってくるという、
0泊の強行スケジュール。

ワタシは初奈良、もっといえば初関西。
相方は中学の修学旅行以来だそう。曰く「ぜんぜん覚えてない」とのこと。

月曜日の早朝に奈良に到着。
金剛力士像が我々をお出迎え。迫力あるお姿。

011_4   010_3 

続いて、あのお方に会いに。

028_3



折りしも桜が満開だったのでした!040

←奈良の大仏さん










想像以上に大きくて、いいお顔をしていました。
ちょうど出発前の土曜日、NHKの「大仏開眼」というドラマを
見たばかり。なんてタイムリー。感動もひとしおです。

050_2

←こちらは大仏さんの鼻の穴と同じ大きさの
穴に入ろうとする相方。
抜けなくなるのが怖くなって途中で断念。



055_2

←奈良といえば鹿さん。
 鹿さんと交流しようと試みるワタシ

|

2009年8月26日 (水)

夏休み

今日はお店を臨時休業。
一日だけですが、夏休みです。
今までなかなか余裕がなくて遠出ができませんでしたが、
夏休みなのだ、ということで朝早く新潟へ出発。

海を見ると自動的にテンションUP。
あの広々した風景を見ると、心が穏やかになります。
しかも今日はとっても良い天気。
海日和だ~!

007









すでに空気がなんとなく秋めいてきた今日この頃。
きっとちょっと前までにぎわっていたであろう海水浴場も、
今は人もほとんどいなくて、静かでした。
でも静かな海はかなり好き。

006
←海の家も解体されてなんだかさびしげ







せっかく来たので宣伝してきました。誰もいませんでしたが。
10分後くらいには消えてしまいました・・・

005_2








新潟に来たのには、海を見るということも目的でしたが、
すてきなカフェが柏崎の近くにあり、そこに行ってきたのです。
古い家を改装したカフェ。
広々していて、周りには木々がたくさんあって、
風が吹き抜けていく、とてもすてきな空間。
居心地がよく、ゆっくりその雰囲気を味わう。
うちの店に来てくれたお客様にもこんな風に感じてもらえたらいいなぁ、
そんな店にできたらいいなぁと、良い刺激ももらいました。
うっかり写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。

お昼ごはんは海に来たらお寿司でしょう!というわけで、
回るお寿司屋さんに入ったら、2時過ぎだったからか回っていなくて、
おまけにお客さんは我々だけで、まるで普通のお寿司屋さんのカウンターで
食べているみたいだった。得した気分。おいしかった。

帰り道、大町のユナイトコーヒーさんへ。
お世話になっているコーヒー屋さんを通じてのご縁で、
ユナイトコーヒーさんも我々とほぼ同じ時期にお店をオープンし、
さらにたぶん同世代、ということで勝手に親近感を持っていたのです。

025










おいしいコーヒーをいただきながら、いろいろとお話をする。
お店をやっていく中での苦労など、共感するお話もできたし、
なによりユナイトさんがすでに大町の地域に溶け込んでいて、
常連さんに愛されるお店になっているのだなぁと感じ、
我々もがんばらねば!!とパワーをもらいました。
ほんと、すてきなお店です。

024
←チビッコわんこたちにも癒されました~
  只今、里親募集中だそうです!






というわけで、夏休みは終わり。
楽しかったー。

| | トラックバック (0)